Camera+ についてさらに詳しく

Camera+究極のフォトアプリ

透明感効果

素晴らしさへのワンタップ!

透明感効果は、長年に渡るイメージ処理技術における最大の躍進の1つです。単純に言えば、透明感効果のワンタップであなたの写真が驚くほど魅力的になるのです。

私たちが透明感効果を作成したのは、Camera+ があなたの撮影した写真をすべてパーフェクトな出来上がりになるようお手伝いをしたいと考えたからです。透明感効果は写真を分析し、人工知能的な調整を施します。それにより、退屈な写真に魔法のディテールをもたらし、新しい命を吹き込みます。もう複雑で混乱するようなコントロールにため息をつくことはありません。すべては舞台裏で、あなたに代わって革新的な”スマート処理”技術によって成し遂げられます。

透明感効果を使い始めたら、写真の出来が悪いからと捨てる必要はなくなります。暗すぎるなど、これまで使いものにならないと諦めていた写真にこの効果がもたらす結果を目の当たりすれば、驚嘆の声を上げるでしょう。

あまりの結果の素晴らしさに、私たちが魂を売ってそれを成し遂げたと思われるかもしれません。

オリジナル 典型的なiPhoneフォト。それなりに良い詳細。明暗のバランスも適切で、携帯電話にしては悪くない。
透明感効果あり: 写真が生き生きとしている。細部までがはっきりとしている。より良いバランス。携帯電話で撮影したとは信じがたい。
オリジナル: 露出不足のため暗い。使用不可。通常、削除ボタンをタップする類いの写真。
透明感効果あり: 思い出の1枚を諦めることなく、大切にキープできる。何物にも代え難い。
オリジナル: まぁまあな1枚。細かな所もどうにか見えるが、全体的に色あせた生気のない印象。
透明感効果あり: より深みの増した豊かな色彩が楽しめる。撮影時に実際に目にした風景が表現されている。
オリジナル: 問題のない良いショット。詳細、カラー、バランスとも良好。特に文句はない。
透明感効果あり: 全体的に一歩さらに進んだ印象。この1枚で写真を撮るのが今よりもっと好きになるかも。

ハイダイナミック…なに???

Appleが自社の標準カメラアプリにハイダイナミックレンジ(HDR)を追加するとアナウンスした時、これ以上のものは無いかのように讃えられました。しかし、すべてのプラスを考慮しても、HDRには幾つかの欠点があります…

HDR: 動いている被写体を撮る?考え直す必要あり。車をピカソ風に見せたいならともかく、複数の画像を組み合わせるHDR本来の技術は、この様な状況では手も足もでない。
透明感: 動く被写体もまったく問題なし。さらに、全体的に色彩が鮮やかになっている。
HDR: 一般的にHDRは全体として良い仕事をするが、光の状況によっては写真に色あせた印象を残す。
透明感: 透明感効果の使用で、色あせた印象はどこにも見られない。細部が浮かび上がり、コントラストが目に見えて改善され、とても印象的に。
iPad$499iPhone$299
tap tap tap
日本語